• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 16
  • 公開日時 : 2017/10/02 00:00
  • 印刷

就業不能年金・給付金はどのような場合に支払われますか?

回答

被保険者が所定の就業不能状態※に該当し、その就業不能状態が該当した日から起算して121日以上継続したと医師の診断書によって証明されたときに、就業不能年金をお支払いします。(5年有期年金)
ただし、その就業不能状態が特定疾患(精神障がいまたは妊娠・出産などに係わるもの)によるものの場合は、特定疾患就業不能給付金として一時金をお支払いします。
※ 所定の就業不能状態とは、傷害または疾病により治療目的の入院をされている、または医師の指示による在宅療養をされていて、いかなる職業においても全く就業ができないと医学的見地から判断される状態をいいます。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます