• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 452
  • 公開日時 : 2018/02/09 00:00
  • 更新日時 : 2019/01/17 14:15
  • 印刷

昨年契約を解約し、解約払戻金を受け取りました。確定申告は必要ですか。

回答

解約払戻金を受け取った場合は、一時所得として他の所得と合算し、課税対象額が20万円を超えた場合は確定申告が必要です。ただし、契約始期から5年以内に解約した一時払養老保険など源泉分離課税の対象契約は、支払時に源泉徴収税額を支払金額より控除しますので、確定申告の必要はありません。
 
※当社から受け取った金額の課税対象額が20万円以下の場合でも、他の一時所得がある場合は、確定申告が必要になる場合もありますので、詳細は所轄の税務署へご確認ください。国税庁の確定申告特集ページからもご確認いただけます。
 
 
<ご参考>
一時所得={(解約払戻金-正味払込保険料)-特別控除額(50万円)}×1/2

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます